骨折を早く治す!骨を強くする方法とは?

骨折を早く治すには?

 

骨折は早く治せるかと言われれば、答えはイエスです。最近はスポーツ選手たちは、回復を促すために積極的にそういった骨折治療法を活用しており、それは一般の人であっても利用できるようになってきています。

 

骨を早く直すための治療法はいくつかありますが、最も良いのは自然治癒を促すという方法です。そのためには、積極的に必要な栄養素を摂取することです。

 

⇒⇒ 骨折の治りを早める!骨を強くするサプリはこちら

 

カルシウムとビタミンD

 

丈夫な骨を作るためにはカルシウムを摂取することが重要だというのは聞いたことがあると思いますが、実際にはカルシウムだけで骨ができているわけではありません。

 

骨にカルシウムを定着させるにはタンパク質が必要ですし、ビタミンDなどの栄養素が必要なのです。

 

I型コラーゲン

 

このタンパク質の中でも、T型コラーゲンと呼ばれるものは特に重要で、骨の構成要素の約3割を占めています。これはカルシウムの定着のために必要で、細かい繊維状になっていてカルシウムを格納できるようになっています。

 

骨内のコラーゲン量が減少すると、この繊維間で隙間が大きくなってスカスカになり、骨密度が低下することになります。これがひどくなったのが骨粗しょう症です。

 

コンドロイチン

 

また、コンドロイチンと呼ばれる成分がありますが、これはコラーゲンの作った空間にカルシウムを運びこむ役割をします。骨折治療用のサプリメントには、カルシウムだけでなく上記の成分がバランスよく含まれているので、より早く骨折を治療することができるということです。

 

他にも超音波を利用したり酸素カプセルを利用したり、様々な方法によって骨折治療は早まるとされていますが、保険の適用などの問題もありますし、取り扱っている医療機関も様々になります。確実な利用を考えるなら、上記の栄養対策が一番です。

 

⇒⇒ 骨折の治りを早める!骨を強くするサプリはこちら

 

骨折治療時の大切なポイント

 

 

正しい位置に固定

 

骨折治療においては、折れた骨をもとの位置に戻すということが大切ですから、そのためには必ず正しい位置に固定することです。

 

ちゃんと固定して、無理な力がかからないようにすることで、後遺症を残すことなく治療することが可能です。固定をしっかりできないと、治癒までに時間がかかることもありますし、治癒しても骨の変形、または癒合の失敗、一部の機能が損なわれる状態などが生じることもあります。

 

医師の診断

 

骨折においては正しい診断や適切な治療を受ける必要があります。

 

捻挫と骨折を区別することは大切なことです。捻挫と思い放置していたら骨折だったというケースは少なくありません。特に、関節部位の骨折については捻挫と勘違いされやすいので注意が必要です。

 

また、骨折と似た突き指も多く見られます。激しい痛みを伴い、痛みが長期化する突き指においては多くの場合骨折をしています。もしくはヒビが入っていることも少なくありません。整形外科を早めに受診するようにしましょう。

 

筋肉量を落とさないリハビリ

 

骨折の治療では、ある程度の回復からはリハビリがとても大切です。人間は骨だけでなく、筋肉によっても体を支え動かしていますが、安静にしていることで骨は回復していきますが筋肉は使われないために衰えていきます。

 

筋肉をまったく動かさず、一日横になっていると筋肉の重量は1日で約3%減少するそうです。ですから、筋肉量を増やし、機能を回復させるためのリハビリは、骨がある程度の強度を持った段階で早めに行なう必要があります。

 

特に高齢者にとっては筋力の低下や衰えはその後の生活にも大きな影響がありますから、早めにリハビリを始めましょう。

 

骨折サプリランキング!骨を強くするならこれ

突然の骨折、痛みが治まれば、次は1日もはやく治って欲しいもの。自分でも、骨再生のために役立つ何かをしたいですよね。骨再生にはカルシウムが必要

 

でも、それだけでは足りません。同時に、吸収をUPするビタミンD、骨に定着させるためのビタミンK、流出を防ぐ大豆イソフラボンなどを摂ることが大切。

 

当サイトでは、手軽に必要な成分を摂れる骨折サプリをご紹介しています。

 

骨によいものは全部摂っておきたいという方の、強い味方。もちろん、骨粗しょう症や骨折の予防として、日ごろから摂るのもおすすめです。

 

大正カルシウム&コラーゲン MBPの特徴

丈夫な骨のために嬉しいMBP配合の骨折サプリです。骨の形成に欠かせないカルシウムは、関わりの深いマグネシウムともに配合してます。骨を丈夫にするコラーゲン、カルシウムの吸収をUPするビタミンDもしっかり。さらに骨の健康が気になる方に適する、話題のMBPを配合。理想的な配合バランスで丈夫な骨を作ることができます。1日めやす5粒がアルミ個包装で便利。定期お届けコースは、初回限定70%OFFで1,000円(税別)です。

価格 1,000円
評価 評価5
備考 カルシウム・コラーゲン・ビタミンD

 

魚の骨からつくったカルシウムの特徴

吸収を考えて作られた骨折サプリです。人間の骨と同じで吸収のよいカルシウムである、魚の骨を使っています。高温燃焼によりカルシウムの吸収率をUPして骨再生へ。また、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、ビタミンK、流出を防ぐ大豆イソフラボン、骨形成によいCCPを配合。1日めやす1粒。水なしで噛んで食べられるので、どこでも摂れます。6日分増量キャンペーンは、2袋おまとめ定期お届けコース1,828円(税別)だけ。

価格 1,828円
評価 評価4
備考 カルシウム・ビタミンD・ビタミンK

 

サントリー カルシウム&マグネシウムの特徴

吸収を考えて配合された骨折サプリです。カルシウムを効率よく吸収して、骨再生へと使われるように考えられています。吸収のよい卵殻由来カルシウム使用。効率よく取り入れて骨の形成を助けるために、牛乳由来のCCP・ビタミンD・ビタミンK・マグネシウムをプラス。1日めやす4粒。お得な定期お届けコースなら、初回10%OFF900円(税別)です。

価格 900円
評価 評価3
備考 卵殻由来カルシウム

 

骨折の応急処置

 

骨折というのは、誰もが何かのときに生じる可能性のあるケガです。特に、老化に伴って骨の強度はどんどん低下していきますから、高齢の方が身近にいる場合は普段の何気ない生活の中でも注意しておく必要があります。

 

骨折は、応急処置の出来によってその後の治療速度が大きく変わってきます。重症化させず、回復を促すためにもしっかりとした応急処置を身につけておきましょう。

 

応急処置の基本は、まず冷やすことです。冷やす際には、とにかく冷すのではなく氷を入れた袋(氷のう)などを使って冷すようにします。凍傷を避けるために、氷のうを直接肌に当てるのではなく、タオルなどでくるんでおいたほうが良いでしょう。そして、正しい姿勢での安静ができるようにします。正しい姿勢というのは、患部が心臓より上にあるようにすることです。このようにすることによって、腫れを多少抑えることができます。

 

また、ケガの悪化を防ぐためにも安静にし、急に動かないようにしましょう。また、副木(添え木)をあて、包帯や布で固定するようにします。これは骨折部が何かの拍子で動かないようにすることで、部分的な安静を助けるものです。もしも、副木を当てるのが難しい部分、または肩、肘、腕などの場合は、重力で落ちてしまいますので、布を使って支えるにしてあげます。

 

もしも傷があり、折れた骨がそこから突き出ている場合や、大きな骨折損傷が予想される場合、命の危険も心配されるケースでは、早く救急車を呼んで治療ができる病院に運びます。開放骨折と呼ばれる傷口から骨が突き出ている場合には、受傷後8時間が治療のゴールデンアワーとされていますから、迅速な対応が必要です。

 

骨折療養中の過ごし方

 

骨折をしてしまって、療養をしている間は、患部だけでなく、全身の状態や日常生活にも気を配る必要があります。良い生活は、骨の癒合を促して健康を保つためにも有効に働きます。

 

骨折部の周辺は、むくみが生じやすいために、むくみ対策として患部を心臓よりも高くあげるようにするのが良いでしょう。四肢の骨折では、固定部から先はできるだけ高くして、腫れが引くのを促すのが良いとされています。夜眠るときなど、枕やクッションで少しだけ心臓よりも高い位置にしてあげてください。

 

また、ギプス固定中は、ギプスの中がかゆくなることがあります。この時に、無理やり掻こうとすると皮膚が傷つくのでやめましょう。こういう場合には、医師や看護師に相談すると良いでしょう。場合によっては、低刺激のローションやクリームなどの対策を講じてくれる場合もあります。骨折したあとの腫れや赤みの炎症症状が見られる期間は、冷やして炎症の広がりを抑えることが大切になります。そして、炎症が治ったら今度は入浴、部分浴などで体を温めて血行を保つようにしましょう。

 

食事では、骨の形成を促すタンパク質やカルシウムをしっかり摂取し、そしてビタミンやミネラルをしっかり摂取することを意識します。つまり、バランスの良い食生活です。好き嫌いをせず、何でもバランスよく食べるように留意します。骨の回復や成長は特に睡眠時に行なわれるので、特に睡眠時間はしっかり確保しましょう。運動不足から体力があまっていて眠れないかもしれませんが、色々と工夫することでリズムよく眠ることができるはずです。

 

骨折とギブス

 

骨折をするとほぼ確実にギプスを装着させられるようになります。ギブスをつけるようになると、「ああ、骨折したんだな」という気分になりますし、周囲も骨折したということで非常に優しくしてくれるようになります。骨折を経験したことの無い人は、こうしたギブスをつけている姿に憧れを抱いていたという人もいます。最初はそれが嬉しいのですが、だんだんこのギブスが嫌になってきます。

 

このギブスは、いったいいつまで装着する必要があるのでしょうか。もちろん、ギブスをする目的は患部を固定するためなのですが、ギブスをつけているからと言って絶対に患部が動かないかといえばそうではありません。人によってはギブスをつけた部位を使って叩いたり蹴ったりしているうちにより重症化することもあります。ギブスは焼いた石膏の粉末と綿布を組み合わせたもので、これを水に浸すと化学反応を起こして凝固が始まり、頑丈になります。

 

ギプスは患部を固定し安静にさせるためのものですが、ギブスがあることによって関節周辺の筋肉などが弱くなってしまいますから、装着期間は必要最低限が望ましいとされています。具体的な期間の目安は部位によって違いますが、大きめの骨でおよそ1〜2ヶ月です。実際にいつはずすかは医師が決定することですが、このくらいだというくらいの認識は持っておくと良いでしょう。

 

ギブスが長期化すると何が嫌かというと、患部が動かせないことはもちろん、だんだんニオイがしてきたり、場合によってはかゆくなったりすることです。この場合、お風呂にはどのように入ればいいのかというと、ギブス本体はなるべく濡らさないようにして入ることになります。ギブスをタオルなどで巻いて、さらにビニール袋で包むなどして、水やお湯が当たらないように徹底的にガードします。この時期はどうしてもそうなってしまいますので、辛いですがギブスが取れればすぐに何とでもできますのでガマンしましょう。

 

超音波骨折治療法とは

 

一般的な骨折治療においては、骨の位置を戻す整復、そして骨がずれないようにする固定、そして骨が自然修復するのをリハビリしながら待つというステップが行なわれます。基本的に、やることをやって、後は待つというのが基本スタンスです。

 

しかし最近になって、より積極的に骨折の治療をしようとする動きが見られるようになってきました。スポーツ選手などが早めの復帰を希望するために、治療を急ぐことで行なわれることが多い治療法です。その代表的なものが、超音波骨折治療法です。

 

超音波が骨の癒合を促進する作用を持っていて、それを応用して治療を進めていきます。一日20分だけ骨折部に治療器を用いることによって骨が癒合するまでの日数が大幅に短縮するようです。超音波治療法では、病院から治療器を借りて自宅で毎日患部に当てていきます。特別な痛みや違和感を感じることはありません

 

超音波骨折治療法は、特に難治化のリスクが高い骨折に対して有効とされていて、大幅に治療期間を進めることができるとされています。そのため、社会復帰やスポーツへの参加が早く行なえるということにもなります。治療期間が短くなることで、医療費が削減できるかはケースバイケースとなります。今のところ、四肢については医療保険が使えることになっています。

 

治療速度には個人差がありますが、大幅に治療期間が短くできるという点においては一定の効果を出しているようですので、取り扱っている病院であれば積極的に希望してみても良いでしょう。

 

⇒⇒ 骨折の治りを早める!骨を強くするサプリはこちら

 

こちらも参考に

 

骨折サプリなら@少しでも役に立つサポート成分配合

更新履歴